MENU

ジーンテクノサイエンスが札幌医科大学と共同研究契約を締結

2020 1/06
ジーンテクノサイエンスが札幌医科大学と共同研究契約を締結
目次

ジーンテクノサイエンスが札幌医科大学と共同研究契約を締結

ジーンテクノサイエンスは6日、札幌医科大学とがん細胞内侵入能力を有する抗体を用いた抗がん剤の開発に向けて、共同研究契約を締結したと発表した。札幌医科大学医学部付属フロンティア医学研究所の山口美樹助教は、がん細胞をマウスに免疫することにより、がん細胞表面のみに発現する分子に結合し、かつ、がん細胞内への侵入能力を有する抗体を多数保有している。同社は、これらの中からがん細胞の認識特異性とがん細胞侵入能力に優れた抗体を選び出し、それらの抗体に低分子薬物を結合させた抗体薬物複合体や細胞障害性タンパク質を連結させた免疫毒素(Immunotoxin)を創製し、単独でも優れた治療効果を示す抗がん剤の開発を目指す。

大阪・船場発の経済情報マガジン 経済市場新聞 economypress

株式・金融情報「日刊 証券市場新聞」

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次