アステラス製薬のエンホルツマブ ベドチンがFDAで承認取得

アステラス製薬のエンホルツマブ ベドチンがFDAで承認取得

アステラス製薬は、この日、Seattle Genetics社と共同で開発を進めている抗体-薬物複合体であるPADCEV(一般名:エンホルツマブ ベドチン(遺伝子組換え))に関し、抗PD-1抗体薬または抗PD-L1抗体薬による治療歴があり、かつ、術前または術後の補助化学療法として、あるいは局所進行または転移した状態において白金製剤による治療歴のある、局所進行性または転移性尿路上皮がんへの適応について、米国食品医薬品局(FDA)から迅速承認プログラムに基づく承認を取得したと発表した。PADCEVは、この適応に対してFDAが承認した初めての治療薬となる。

大阪・船場発の経済情報マガジン 経済市場新聞 economypress

株式・金融情報「日刊 証券市場新聞」