アルファクスが外食産業向け配膳AIロボをリリース

アルファクスが外食産業向け配膳AIロボをリリース

アルファクス・フード・システムはこの日、配膳AIロボ「ロボショット」を共同開発し、3月にリリースすると発表した。ホテル向けメディアオペレーション企業のMビジュアル(東京都文京区)と共同開発した製品で、配膳はもちろん、下げ膳機能やオーダー受付機能も標準装備、月額30万円程度の仕事をこなすという。外食産業のほか病院や老人ホーム、ホテル内レストランなどへ月額10万円以下でレンタルするとしている。

大阪・船場発の経済情報マガジン 経済市場新聞 economypress

株式・金融情報「日刊 証券市場新聞」

「新時代になった株式市場に大チャンスが来る」2月22日(土)第4回 株式セミナー in大阪