MENU

東芝は子会社で架空取引が発覚

2020 1/20
東芝は子会社で架空取引が発覚
目次

東芝は子会社で架空取引が発覚

 東芝は18日、連結子会社の東芝ITサービスで、架空取引が複数年にわたり行われていた疑いが発覚したと発表した。20年3月期第2四半期の売上高は約200億円規模をみられ、第3四半期で消去する見込みだが、事実関係と業績への影響などは調査中としている。

大阪・船場発の経済情報マガジン 経済市場新聞 economypress

株式・金融情報「日刊 証券市場新聞」

「新時代になった株式市場に大チャンスが来る」2月22日(土)第4回 株式セミナー in大阪

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次