科研製薬は原発性腋窩多汗症治療剤の製造販売承認を申請

科研製薬は原発性腋窩多汗症治療剤の製造販売承認を申請

科研製薬は、原発性腋窩多汗症治療剤「BBI-4000」(一般名:ソフピロニウム臭化物)の製造販売承認申請を行ったと発表した。同剤は神経伝達物質であるアセチルコリンの作用を阻止する抗コリン剤に分類。アセチルコリンはムスカリン受容体と結合することにより、汗腺から発汗を誘発すると考えられており、ムスカリン受容体と結合することでアセチルコリンの結合を阻害し、発汗を抑制する。

大阪・船場発の経済情報マガジン 経済市場新聞 economypress

株式・金融情報「日刊 証券市場新聞」

「新時代になった株式市場に大チャンスが来る」2月22日(土)第4回 株式セミナー in大阪