DWTIが「K-232」第Ⅲ相試験を開始

DWTIが「K-232」第Ⅲ相試験を開始

デ・ウエスタン・セラピテクス研究所はこの日、Rhoキナーゼ阻害薬である「リパ スジル塩酸 塩水和物」を有効成分とする医療用医 薬品がライセンスアウト先の興和を通じて、緑内障・高眼圧症を適応症とするブリモニジン酒石酸塩との配合点眼剤「K-232」の国内第Ⅲ相臨床試験を開始すると発表した。この配合点眼剤はリパスジル塩酸 塩水和物を含む 初めての配合点眼剤として、アドヒアランスの向上が期待される。

大阪・船場発の経済情報マガジン 経済市場新聞 economypress

株式・金融情報「日刊 証券市場新聞」

「新時代になった株式市場に大チャンスが来る」2月22日(土)第4回 株式セミナー in大阪