鶴見大学と共同研究契約を締結|テラ

鶴見大学と共同研究契約を締結|テラ

テラは9日、鶴見大学(横浜市)と末梢血循環腫瘍細胞を用いた樹状細胞ワクチン療法の開発のための基盤研究に係る共同研究契約を締結すると発表した。末梢血循環腫瘍細胞とは、腫瘍組織から血中に遊離し、血流中を循環する細胞。がん患者の血液中を流れるCTCを検出する技術の開発が進んでおり、最適な治療計画の立案や治療効果の判定等に利用することが期待されている。同社と鶴見大学は共同で、この技術の樹状細胞ワクチン療法への応用について検討していく。

大阪・船場発の経済情報マガジン 経済市場新聞 economypress

株式・金融情報「日刊 証券市場新聞」